本の整理方法

目の病気や症状、眼についての知識TOPページ   TOPバー

メニューバー
 
古本屋に売る

ものの整理は捨てる事からだと思いますが、本は売れるので得です。

一昔前は大量に売る本がある場合は店までもっていくのが大変だし審査時間がかかったりしましたが、現在は
家まで来てくれるサービスもあるので利用してみましょう。

図書館を利用する

図書館の利用は本を買ったけど読まずにおいていることがある、という人におすすめです。
期限があって返さないといけないので整理に困ることはないですし、お金がかからないという利点もあります。

汚れないように注意する

ブックカバーを使えば汚れませんが、本のタイトルが見えなくなるため整理の時に工夫が必要です。
透明なカバーを使うのもいいですし、しっかり分類されてわかるなら購入時の紙のカバ-でもいいかも
しれませんね

電子書籍

電子書籍ならいくら買ってもスペースをとることはないですし、管理も非常に楽です。
またなくしたり劣化したりすることがないという利点がある反面、売ってお金を回収することは
できません。

ただ新刊が必ず出るとは限りませんし、古い書籍でも中古価格がないという欠点もあります。

本棚

本棚に入れるときはスペースを有効活用するため、大きさごとに分けて空きスペースを
なるべく無駄にしないようにしましょう。
ただし、本の上にはある程度隙間がないと取り出しにくいことにも注意してください。

100円ショップを活用

本棚に入りきらないくらい整理する本がある、または本棚を使うほど本がない、という
人は100円ショップでちょうどいい大きなの収納ボックスを購入し、それに入れておくといいでしょう。

自炊

本の自炊という言葉があり、紙の本を撮影、またはコピーして自分で電子書籍にしてしまう、
という人がいます。
かなり面倒だと思いますが、これができればかなりスペースは空くでしょう。

クラウド 整理整頓のコツとは いらないものを
捨てる考え
情報整理術 パソコン メール
書類関係 片付け方 バックアップ